冬の光熱費を抑える方法

冬は光熱費が全体的に上がりますね。 暖房費や、食器を洗うのも温水を使うとその分光熱費も上がります。
では冬の光熱費対策としてどんなことが出来るか挙げてみましょう。

まず電気代として主にかかる暖房費を抑える方法です。

エアコンは、設定温度まで気温を上げる時に一番の電気代を使います。
そのため、弱モードで長い時間かけて温度を上げるよりも強モードや自動モードで一気に温度を上げましょう。
この方法の方が、意外にも電気代の節約につながります。
エアコンのフィルターも、こまめに掃除しましょう。
本格的に寒くなる前に、一度全体的なエアコン掃除をするのもいいですね。

カーテンは長めで厚手のものを使用しましょう。
下に隙間があると、窓側からの冷気が入ってきますので長めのカーテンがおすすめです。
基本的なことですと、着込むこと、レッグウォーマーやブランケットなどを使うことも節約になります。お子さんが小さい時期は、電気毛布やホットカーペットなどの代わりに湯 たんぽを使うととっても暖かくて安心安全に使えます。

次に、ガス代節約についてです。ガスでお湯を沸かすタイプの場合です。
節約方法としてはお湯の温度設定を下げ、手袋をして食器を洗うとガス代の節約につながります。
また、湯沸かし器のスイッチはこまめに切りましょう。
スイッチがついたままというのは種火がついたままの状態です。
ガスが少しずつ消費されているので、お湯を使う時は一度に使ってスイッチを切ったらしばらくはお湯を使わない、という使い方が一番節約になります。

1つずつは小さなことですが、2、3ヶ月の寒い冬の間継続することで必ず差は出てくると思います。

毎月の水道光熱費ってけっこうかかりますよね。生活費にも負担が出てくるので給料日前はかなり生活がギリギリになってしまいます。キャッシングからお金を借りることを考えてTVで良く見るモビットにしようか迷っています。私が参考にしているサイトです。→モビットの審査に落ちない方法※在籍確認なしで借りる方法とは?