家庭でできる節水のポイント

地域によって水道代は異なりますが、安い地域に住んでいる人も安ければ安いほど嬉しいですよね。
ですが、お風呂にトイレ、食器洗いなどに使う水道はなかなか削れないというイメージもあります。

そこで、小さなことですが毎日続けられる簡単な節約方法について紹介します。

家族

まず、家の中で多く水を使っているトイレ。
トイレで水を流す時は大と小をしっかり使い分けることです。
大と小の場合で流す水は数リットルの違いです。
1回だけでは大差ありませんが、1日に何度も使うトイレ。家族が多ければ多いほど、意識するだけでかなりの節水ができるはずです。
次にお風呂です。シャワーだけだからと油断してはいけません。
実はシャワーだけの場合でも15分ほど使用すると浴槽いっぱいの水を使うことになります。
ですのでシャワーを長く使う人は、節水できるシャワーヘッドに交換することをおすすめします。
浴槽にためたお湯は、洗濯に使ったり風呂掃除に使いましょう。

洗濯する場合は、残り湯を使うことも節水になりますが、できるだけ洗濯物をまとめて洗うようにしましょう。
入れ過ぎると汚れがしっかり落ちませんので注意して下さい。

洗面所やキッチンでは、止水栓というものがあります。
この栓を少し締めると水が勢いよく出過ぎることを防いでくれます。
結果的に節水にもつながります。
家全体の水の量を減らすには、水道メーターの近くに元栓がありますのでこれを締めてみて下さい。

特にトイレとお風呂は1日で多くの水を使います。
少しずつですが続けることで、節約の意識も家族と共有できると思います。 ぜひ試してみて下さい。