夏の水分補給を安く済ませる技

夏になると熱中症や脱水対策のためにしっかりと水分補給をする必要があります。
ですが毎回、ペットボトルのお茶やスポーツドリンクを購入するのは、経済的にも厳しくなると思います。

水分補給の際にできる節約方法の紹介をしていきます。

まず、お茶やコーヒーなどを自宅で作ることです。 お茶はやかんで作るとたくさん作れるので経済的です。 だいたい50パックが300円程度で販売されているので、1パック6円です。 1パックで、2L程度のお茶は作ることができますので購入するよりも圧倒的な節約になるのは歴然です。 夏になると水だしのお茶やコーヒーもたくさん販売されるので、
寝る前に作っておくと朝出かける時には出来上がるので便利だと思います。
スポーツドリンクも、粉末のものを買う方が経済的です。水で溶かすだけなので、
とても簡単に作れます。もっと節約したい場合は、スポーツドリンクも手作りできます。
はちみつレモンを作り、そのシロップを見ずに薄めて少量の塩を加えるだけです。
汗をたっぷりかいて帰ってきた子どもにはいいかもしれません。

次に、タンブラーや水筒を持ち歩くことです。
自宅で作ったお茶やコーヒー、水を入れて持ち歩けば、当然のことながら途中で購入する必要はありません。
コーヒーショップなどでも、タンブラーを持参すると割引が受けられるサービスもあります。
他にも、まだ実施場所は少ないですが給茶スポットと言い、タンブラーに給茶してくれるスポットがあります。
サービス内容は店舗によって異なりますが、ぜひチェックしてもらいたいサービスです。

最近では、保温と保冷ができる魔法瓶も販売されています。
少々値段は高くなりますが、季節問わず使えますし、
毎日ペットボトルの飲み物を購入することに比べたら節約になるのではないでしょうか。